【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

ホンネで語る!英語の会話が苦手な人へおすすめの勉強法

ホンネで語る!英語の会話が苦手な人へおすすめの勉強法

 

 

英語の会話が苦手という方へ向けた勉強法についてまとめています。

 

英語の会話がどうしても苦手・・という方に参考にして頂けたらと思います。

 

英語の会話が苦手という方は一度にたくさんの勉強をするのではなく、短時間で良いのでスモールステップ法でコツコツ行なうようにしましょう。

 

勉強の方法は、一般的に売られている比較的安い英語のテキストではなく、プロのアスリートなどが使用している会話に特化した教材などを使用する方法がおすすめです。

 

一般的な本よりは多少値段が張りますが、短期間で英語を習得する必要のある海外にチャレンジしているアスリートも使用している教材は、会話に特化した内容になっています。

 

こういった教材はネットでの購入がメインになっていますが、テキストに沿ったCDなどもたくさん付いているので、リスニングの勉強も不足することがありません。

 

また、オンライン英会話もおすすめです。

 

オンライン英会話で実際に人を相手に話すと、次に話す時に、これを伝えようなどと考えながら準備するようになります。

 

勉強をするということではなく、相手に伝えたいことを伝えるために単語を調べたりフレーズを覚えたりするようになります。

 

授業を受けている時以外にも勉強になりますし、会話の苦手意識も自然と無くなります。

 

 

 

 

映画が苦手という方の中には、英語力がそこそこあるにも関わらず「外人に話かけるのが気が引ける・・」という理由で会話が苦手になってしまっている方もいらっしゃいます。

 

そういう方は勉強法というよりも、話かける会話の苦手意識を取り除く必要があります。思い込みを一つづつ取り払うようにして下さい。

 

「英語に自信が無いし・・」とか、「発音が完璧でないから・・」という意識を取り除くようにしましょう。

 

さらに、気軽に話せる外国の友人や恋人を作ると苦手意識も無くなり易くなります。

 

そういう対象が出来ることで英語は会話のメインでは無く、手段に過ぎないという意識に変わってきます。

 

英語では語彙力や単語力、文法などももちろん大事ですが、何よりも大事なのは相手に伝えたいという情熱です。

 

その情熱(パッション)が伝われば、多少言葉や文法が違っていても相手も一生懸命聞いてくれ、意思の疎通が図れるようになります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

英語の会話が苦手という人へおすすめの勉強法を幾つか紹介致しました。

 

英語の会話は少しづつでも相手に伝わると、簡単に苦手を克服することが可能になります。

 

是非、上記勉強法を試して、英語の会話の苦手意識を改善してみて下さい。

 

次のような記事も参考になると思いますので見て下さいね。

 

分かりやすい!英語の会話で使えるフレーズまとめ