【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

【必見!】ネイティブの英語の会話が聞きとれない時の勉強法

【必見!】ネイティブの英語の会話が聞きとれない時の勉強法

 

 

「英語はそこそこ出来るのにネイティブの会話となると聞きとれない・・」という方は、意外と少なくないようです。

 

 

そんな、ネイティブの英語の会話が聞きとれないという方に、おすすめの勉強方法をご紹介致します。

 

 

ネイティブの英語会話が聞き取れないという原因で最大の要素が、発音です。

 

アクセントのつけかたなども、ネイティブの場合聞きとりにくいことが多々あります。

 

単語力や熟語力が多少あっても、ネイティブの発音となると聞き取れないという事態は発生してしまいます。

 

そんな時の勉強法として、ネイティブの英語の会話を聞きとるには、ひたすら聞いて発音に慣れるということが大切です。 同じ単語を何度も聞いてリスニング力を強化しましょう。

 

同じ単語、短い文章を何度もリピートして聞き、「この単語はこういう発音なんだ・・」というストックを増やしていく必要があります。

 

ネイティブの英語の会話が聞きとれないという方には、2種類あり、英語の音自体を聞きとれないケースと発音がわかっても意味がわからないというケースがあります。

 

英語の音自体を聞きとれないという方は、耳を慣らして発音の勉強をする必要があります。

 

簡単な英語をたくさん聞く勉強をしましょう。

 

 

 

 

発音がわかっても意味がわからないというケースは、明らかに単語力や熟語力などを含めた英語のバラエティのストック不足となります。

 

音が聞こえていても、頭の中での英語の処理がおいついていない状態なので、理解する力が足りないということになります。

 

語彙力として、単語を丸暗記したり、会話熟語のストックなどを増やすようにしましょう。最初は発音がわからないことが原因だと思っていたものでも、語彙力が増すと単語力が無かったことに気がつくことが多くあります。

 

字幕の映画やチャット機能付きのオンライン英会話で勉強する方法もあります。

 

言葉と発音を照らし合わせて耳で覚えるようにしましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ネイティブの英語の会話が聞きとれないという方へ向けて、勉強法を紹介致しました。

 

ネイティブの英語の会話を聞きとれるようにするには、とにかくネイティブの発音に慣れることが重要です。

 

リスニングの勉強の時間を増やして、色々な英語の会話を聞くようにしましょう。

 

リスニングの際に単語を幾つか絞って、「この単語はこういう言い方するんだ・・」とか「この単語はこういう発音なのか・・」という勉強を何度かくり返すようにしましょう。

 

下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

英語会話が最短で上達する教材