【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

これは役立つ!英語の会話の聞き取り練習方法

これは役立つ!英語の会話の聞き取り練習方法

 

 

「外国人の言っていることがわからない・・」とか、「仕事で英語が必要なんだけど英語が聞きとれない・・」と英語の会話の聞き取りで悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな、英語の会話の聞き取りに悩む方へ、幾つか練習方法をご紹介致します。

 

どこでも手に入る英語の本ではなく、英会話教材を専門的に扱っている会社の教材などがおすすめです。

 

教材とともに販売されている付属のCDなども、英語の会話の聞き取りの勉強に効果的です。

 

テキストに沿って聞き取りすると勉強になりますが、こういった教材は会話に特化した内容になっているので上達しやすくなります。

 

英語の会話の聞き取りの練習方法では、一度に会話の全てを理解しようとするのではなく、テキストなどで単語や熟語などを絞って、どういう発音をしているか何回も聞きなおすようにしましょう。

 

 

 

 

また、英語の会話の聞き取りでは、耳を英語に慣らす必要もあります。

 

リスニングでは、耳から入ってくる英語を頭の中で日本語に変換することなく、英語の音のままイメージが出来るように訓練する必要があります。

 

最近では、無料のポッドキャストなどでも英語の会話の聞き取りの練習になるものがあるので、ウォーキングやランニングなどを行ないながら聞くことも出来ます。

 

ポッドキャストは外出先でも英語の会話の聞き取りの練習が可能です。

 

リスニングに集中できるようリラックスした状態で英語を聞く癖をつけるようにしましょう。

 

聞き取りのコツでは、会話を聞き流す中で、自分の知っている単語やフレーズを拾い、会話の全体像を掴むようにしましょう。

 

知らない単語は飛ばして、知っている単語のみを拾うようにしましょう。

 

英語初心者のうちは会話の全てを耳で拾うのではなく、大まかに聞き流す中で、自分の知っている単語や熟語などのフレーズを拾うことに集中することをおすすめします。

 

わからない言葉に引っかかっていると、わかる部分にも意識が集中できなくなり、進んでいく会話の全体がわからずに終わってしまうということが多々あります。

 

中級〜上級者になってくると、ひと言逃がすだけでも意味が違ってくることもあるので注意が必要ですが、初心者の方は、まず、知っている単語のみを拾うことから始めましょう。

 

また、何度もくり返し聞くことで、発音なども徐々にわかるようになってきます。

 

いかがでしたでしょうか。

 

英語の会話の聞き取り練習方法について幾つかご紹介致しました。

 

英語の会話の聞き取りは集中的に短時間で行なうのではなく、日々の継続で身につける練習方法がおすすめです。

 

毎日、少しづつでも良いのでコツコツと勉強するようにしましょう。

 

こちらの記事も見て下さいね。

 

英語会話が最短で上達する教材