【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

知っておくと便利!英語の会話でよく使う単語や熟語の表現

知っておくと便利!英語の会話でよく使う単語や熟語の表現

 

 

英語で会話するときに「単語力が無い・・」とか「熟語の理解力が乏しい・・」という方は少なくないと思います。

 

そういった方へ、英語の会話でよく使う単語や熟語の表現をまとめてみました。

 

「it`s breathtaking !」(凄い!)とか(素晴らしい!)という表現ですが、特に大自然などの景色を前にした時に使用する熟語です。

 

海外旅行などで絶景を見て感動した時などによく使う熟語です。

 

同じような言葉として、「awesome!」(素晴らしい!)という単語もよく使う表現です。

 

「Why not!」や「No way!」といった熟語もよく使います。「Why not!」は、(もちろん)とか(賛成!)といった意味になります。「No Way!」は、(絶対ダメ!)とか(ヤダ!)といった意味あいの表現です。

 

また、間が空いた時や自分が説明などに困った時に使う言葉として、「I mean..」という表現も使用します。(つまり...)とか(要するに...)という意味があります。

 

友人を遊びに誘う場合などには、「Hang out」という表現もよく使います。「遊びに行こうぜ!」とか「くり出さない!?」みたいな軽いノリで使用することの多い表現です。

 

これらの単語や熟語は英語の会話でよく使う表現なので、丸暗記しておいて損はないと思います。

 

 

 

 

「Best regards」や「Sincerely」といった単語は、メールの結び文句などに良く利用します。

 

(かしこ)とか(親愛なる..)といったような意味合いがあり、日本で言う(今後共よろしくお願いします。)とか(何卒、よろしくお願い致します。)といった意味合いとしても使われます。

 

こちらも頻繁に使用する単語なので、覚えておいた方が良い表現です。

 

また、メールではありませんがSNSなどで軽いやりとりをする相手には、「Sounds good !」(いいね!)といった単語もよく使います。

 

「lol」(笑)なども覚えておきたい単語です。また、「oh my god...」を「omg...」と省略して表現することもあります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

英語の会話でよく使う単語や熟語の表現を幾つか紹介致しました。

 

どの表現も覚えておくと、英語の会話だけでなく外国人とのやりとりなどでも重宝します。

 

少しづつで良いので、単語や熟語を覚えていくと英語の会話の表現力が出てきます。

 

是非、毎日コツコツ暗記してみて下さい。

 

次のような記事も参考になると思いますので、是非見て下さいね。

 

英語会話が最短で上達する教材