【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

知らないと損する!英語の会話で発音を良くする方法

知らないと損する!英語の会話で発音を良くする方法

 

 

英語の会話で発音を良くするにはどうすれば良いのでしょうか!?

 

英語の会話で発音を良くする方法についてまとめてみました。

 

英語の会話で発音を良くするには、ワードを、一音ごとはっきり発声することに集中するのではなく、言葉をスムーズに相手に伝えることを意識した練習を行なうようにしましょう。

 

例えば、「Can I」 を(キャナイ)と発音したり「get it」を(ゲリット)と発音したりします。

 

「How are you?」という基本的な挨拶も「ハワユー」と滑らかに発音するようにしましょう。

 

他にも、「Did you」を「ディッジュー」とか、「need you」を「ニージュー」、「want you」を「ウォンチュー」と発音する癖を付けましょう。

 

「good time」を「グッタイム」など形に拘らず、滑らかで自然な発音を心がけるようにして下さい。

 

こういった基本的な発音を一つずつ癖づけるだけでも、発音は少しづつ良くなってきます。

 

英語の会話で発音を良くするには、リズム感が重要になります。イントネーションとリズム感を意識するようにしましょう。

 

フレーズのどこでアクセントをつけ、どこの部分を大きく発音するかなどを勉強しましょう。

 

英語をいかにくだして発音をスムーズにさせるかが大切になってきます。

 

また、 発音だけでなく、カジュアルな会話を利用することで滑らかな英語会話になることがあります。

 

「want to」(ウォントゥトゥ)などは言いにくいこともあるので、「wanna」(ワナ)とくだして言ったり、「I’m going to」を「I’m gonna」(ゴナ)と省略することで、その後の言葉がスムーズに出てきたりします。

 

 

 

 

ネイティブが話す会話の収録されている教材で、リスニングに時間を割くことも発音の勉強になります。

 

ネイティブの会話はリスニングで発音の勉強をしていないと、知っている単語でも理解出来ないことがあります。

 

簡単な単語から何度もくり返し聞き、発音の勉強をするようにして下さい。

 

他にも、日本人が苦手な英語の発音を意識して練習するのも、発音を良くする方法として欠かせません。

 

いかがでしたでしょうか。

 

英語の会話で発音を良くする方法についてご紹介致しました。

 

英語の発音を良くするには、何度もその発音を練習して口癖のように身につける必要があります。

 

幾つか紹介したワードの発音を癖づけるだけでも、ある程度の効果が見込めます。

 

是非、基本的な発音の練習から癖づけるように勉強してみて下さい。

 

英会話の上達には、下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【話題独占!】英語会話が最短で上達する教材