【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

分かりやすい!英語の会話で使えるフレーズまとめ

分かりやすい!英語の会話で使えるフレーズまとめ

 

 

英語の勉強は一長一短では習得できません。

 

常日頃からマメに行なう必要がありますが、中には「勉強が続かない・・」とか「勉強をする時間が無い・・」という方も多いのではないでしょうか!?

 

そんな方でも、暗記的に覚えておくだけで渡航先で使えるという英語の会話で使えるフレーズをまとめてみました。

 

簡単な挨拶として良く使うフレーズに、「How have you been ?」があります。(元気?)とか(最近どう?)といった意味あいで使用する英語会話フレーズです。

 

自分が返事をする場合には、「i am doing well」(元気にしています)というフレーズを使用します。

 

「Long time no see !」(久しぶり!)なども比較的、頻繁に使用する英語の挨拶会話フレーズです。

 

また、「What`s wrong?」(どうした?)といったような表現も良く使用します。海外ドラマなどを見ていても頻繁に使用されています。

 

 

 

 

メールなどで使えるフレーズには、「I'm glad you answered.」(お返事もらえて嬉しいです。)とか、返事が遅れてしまった時などには、「I am sorry for the late reply」(返事遅れてしまってすみません。)
といった言葉を良く使用します。

 

結び文句には、「Sincerely」や「Best regards」といったフレーズをよく使います。

 

また、SNSなどの軽いやりとりでは、「Sound like fun!」 (楽しそうだね!) といったフレーズも頻繁に使います。

 

SNSなどで俗に言う「いいね!」は、ただの「Good !」ではなく、「Sounds good !」というフレーズを使います。

 

「お腹減った!」という表現も「I`m hungry」では無く「I`m starving」というフレーズでつぶやいている方が多い英語会話です。

 

より、口語的な表現で「お腹ペコペコで死にそう」という差し迫った感じがより強くなります。

 

これらの表現は、もちろん英語の会話でも使えるフレーズなので覚えておくと良いかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

 

以上、基本的ではありますが、覚えておくとちょっとした外人さんとのやりとりに使えるフレーズです。

 

英語の会話で使えるフレーズを幾つかまとめて紹介致しました。

 

ちょっとした、ひとこと、ふたことだけでも覚える癖をつけておくと、塵も積もればで英語会話の表現のバラエティが出てきます。

 

時間のある時や気の向いた時に、少しづつでも良いので覚えるようにしてみて下さい。

 

このような記事も見て下さいね。

 

【話題独占!】英語会話が最短で上達する教材