【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

知らないとヤバイ!英語の会話で使われる口語表現のスラングとは!?

知らないとヤバイ!英語の会話で使われる口語表現のスラングとは!?

 

 

英語の会話の口語表現にスラングというものが存在します。

 

英語初心者の方には、「スラングって何!?」とか「どういった言葉があるの!?」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

スラングは堅苦しい英語ではなく、短縮して友人同士の会話などで使われることの多い言葉です。

 

教科書に載っていたり受験英語などとは違い、スラングは英語の口語表現でラフにくだした言葉のことを言います。

 

スラングは、若い世代に幅広く使われているという特徴があります。

 

英語の会話の口語表現をしっかり全部発音するのが面倒な時に、短縮して使用されるのが殆どです。

 

 

 

 

そんな、スラングと言われる言葉を幾つか紹介します。

 

良く使う言葉で、「Oh my God !」(なんてこった!)という言葉がありますが、これを「OMG..」と表現したり、「Congratulations !」(おめでとう)を「Congrats」と略して言うことがあります。

 

また、メールやSNSなどでの口語表現で、文章の後に(lol)などと書きますが、日本語の(笑)やwwwと言った意味合いで使用します。

 

他にも、「Absolutely!」(もちろん!)とか、「Awesome!」(素晴らしい!)といった表現もあります。

 

(時間をつぶす)ことを「kill time」と表現するのもスラングとなります。「Hang out」は、(遊ぶとか遊びに行く)という時に使用します。また、映画でもタイトルになっている「Hang over」は、(二日酔い)という意味です。

 

「gotta」という表現もあります。「have to」の省略形で、「しなければいけない」という意味で使用されます。

 

 

 

 

最近では、映画や海外ドラマでも頻繁にスラングの口語表現が使われていることがあります。

 

そういったものから、覚えられそうなものを真似て覚えても良いかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

 

英語の会話の口語表現の中から、スラングと言われる表現を幾つか紹介してみました。

 

どの言葉もSNSなど若者の間で気軽に使われている口語表現です。

 

従来の英語を短縮した表現が殆どなので、覚えておくと堅苦しくない関係を外国人と築けるかもしれません。

 

英語の会話の口語表現であるスラングは、正式な英語ではありません。

 

そのため、正式な場(面接や公共の人に話しかける時)などでは使用するのを控えるようにしましょう。

 

あくまで仲の良い(または、軽いライトな関係)人と話すシーンで利用するようにして下さい。

 

英会話上達のために、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

英語会話が最短で上達する教材