【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

スキルアップ方法!英語の会話ができるようになるには!?

【英会話学習の落とし穴】英語の会話を独学で勉強するときの注意点とは?

 

 

英語で会話をできるようになるには、とにかく英語を話すことが重要です。

 

また、英語を話せる環境を作る(機会などを増やす)ことが重要になってきます。

 

どれだけ、英語力やリスニング力があっても、話す機会がなければ英語の会話はできるようにはなりません。

 

そこで、英語の会話ができるようになる環境作りについて幾つか紹介しようと思います。

 

オンライン英会話を利用する。

 

英語の会話をできるようになるには、とにかく話すことが重要です。

 

会話力が無くても話す実践の場を作ることで、言いたくても言えなかったこと、相手の言っていることがわからなかったことなどは、自然と後から調べたり勉強するようになります。

 

 

 

 

最近では、オンライン英会話のスクールも多くあり、値段も安いものが出てきています。

 

自分のペースで英語会話の勉強できそうなスクールを選びましょう。

 

外人の友人とスカイプをする(外人の友人を作る)。

 

外国人の友人がいる方は、その友人とスカイプをしましょう。

 

メールやフェイスブックなどでも文章を書くことで英語の勉強にはなりますが、英語の会話ができるようになるには、会話をすることが一番です。

 

現時点で外国人の友人がいない方は、フェイスブックやツイッターなどのSNSのツールを使用して外国人友達を探すという方法もあります。

 

外国人と恋愛する(外人の恋人を作る)。

 

実は、英語力をつけるには、この外国人の恋人を作る方法が一番の方法とも言われています。

 

「話したい!」「相手の気持ちが知りたい!」という感情が先行するので、勉強をしているという意識がなく英語の会話ができるようになります。

 

また、勉強にも情熱が沸いてくるので、上達速度が違ってきます。

 

ただ、旅行程度だと外国人の恋人が欲しいと思っても作るのが難しいのも事実です。

 

海外に旅行に行くチャンスが無いという方には、日本国内でも国際交流パーティーなどが開催されているので、そういった場で英語を話す機会を得てみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。

 

英語で会話できるようになるには、これらのような環境作ることが一番重要だと言えます。

 

「英語で会話できるようになりたい!」と思った時に「勉強しなければ・・」と思ってしまいがちですが、実は、英語もただの会話に過ぎず、人と話していれば自然と上達します。

 

英語は「勉強しよう!」と意気込んで1人で勉強するのではなく、人と会話する機会のある環境作りをするように工夫しましょう。

 

下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

【話題独占!】英語会話が最短で上達する教材