マンション購入前には必ず複数を比較するべし

11 9月, 2014 (19:21) | マンション様々 | By: 4SwXlZua

マンション購入前には、憧れのマイホームを購入できるという期待や興奮に胸がわくわくしているはず。
そして、現地で内見できるモデルルームなどはプロによってオシャレに内装されていたりするため、実際の生活空間よりも広くスタイリッシュに見えるものです。

物件を内見する場合には、自分が持っている家具を置いたら部屋の空間がどんな感じになるのかをシミュレーションしながら、細かい使い勝手や機能、間取りなどをチェックすることが大切です。
マンションはそれぞれ、広さや間取りなどが異なります。

cg2041

どんな間取りが好みかは個人差がありますが、ライフスタイルによって使いやすいなと感じる間取りもあれば、使いにくかったり無駄なスペースになってしまったりというような間取りもあります。
一つの物件のみを見て即決してしまうのは危険なので、できるだけ複数の物件を見ながら、比較検討して自分のライフスタイルに最も合っているものを選ぶようにしましょう。
また、売却するときにも比較は必要です。

土地売却の査定相場と価格がすぐにわかるサイトをお探しなら
マンションを内見するには、そこで自分が生活している姿をイメージしましょう。
モデルルームに置かれているお洒落な家具は、ほとんどが部屋を少しでも広く見せるために小さめの家具が選択されています。

また、家具などが全く置かれていない空っぽの部屋は、実際に生活してみると意外と狭く感じることもあるので、できれば自分が持っている家具のサイズを測っておき、部屋の中でどんな感じになるのかをイメージするとよいでしょう。
複数のマンションを比較検討する場合には、収納の場所やスペース、数なども忘れずにチェックしましょう。

収納スペースが備え付けられていなければ自分で収納スペースを作らなければいけなくなり、そのための家具で場所を取ってしまいます。
できるだけスッキリ使える収納スペースがついていることは、マンション選びでは必要不可欠です。

中古マンションでも高いものは高い

25 10月, 2014 (09:13) | マンション様々 | By: 4SwXlZua

中古マンションでも高いものは高い
中古でもいいからマンションを購入しようと考えた時、まず見て回るのはネットの物件サイトだと思います。
どのようなマンションが売りに出されているのかを見ることが出来るのですが、この金額というのがかなり凄いことになっています。
中古であっても1000万円以上は必要だということを理解しながら探してみるといいでしょう。
なお地方の物件は比較的安くなっています。
元々売りに出されているマンションというのは、査定を受けた中でこの金額なら売れるだろうとして提示されている物です。
従って売れないまま残っている場合は安くなる傾向にありますが、それでも値段は高い状態になっていることが多いです。
売る側の利益というものもありますし、場所的にはこれくらいの値段が妥当という判断をされているため、比較的高い物件も数多くあるということです。
1000万もあれば買えるだろうということはあまり考えず、より高い金額を用意しなければ難しいだろうというイメージで物件を探した方がいいです。

新築分譲マンションを購入しました

30 9月, 2014 (09:13) | マンション様々 | By: 4SwXlZua

新築分譲マンションを購入しました
新婚生活はアパートからはじまりましたが、アパート生活で節約したおかげで、アパート生活6年目にして結構な貯金ができました。
この貯金を頭金にして、新築分譲マンションの購入を決意しました。
妻とわたしの通勤に便利な駅に近い物件で、予算内の物件が見つかったからです。
アパートに住んでいた私たちにとって、新築分譲マンションの設備には目を丸くするものばかりで感激しています。
妻は生ごみが自動で処理できる生ごみディスポンサーに感動していました。
わたしは収納が豊富なウォークインクローゼットと快適な浴室に感動しています。
収納がしっかりしているので、家具をほとんど買っていないため、部屋がより広く使えています。
こどもが生まれてもこのマンションなら託児施設がついているので安心です。
24時間管理人さんがいることも、妻は安心できて良いと言っています。
わたしもこの新築分譲マンションを購入して、本当に正解だったと感じています。

住宅防音工事

5 9月, 2014 (09:13) | マンション様々 | By: 4SwXlZua

住宅防音工事
住宅防音工事の申請をしてから2年くらいたった頃、ようやく許可がおりました。
そして先日、防衛省の立ち入り検査があり、現状の室内チェックが行われました。
エアコンが各部屋に既についているということを確認されました。
この住宅防音工事では、エアコンが付いていない部屋には新しくエアコンを導入してくれるのです。
もちろん費用は補助金から出るのでかからないのです。
我が家には古いエアコンが各部屋に既についているので、新しいエアコンをつけてもらうことはできないのですが、それでもクロスの張替えをしてくれたり、窓ガラスやサッシを新しいものに交換してもらえるだけでもありがたいです。
そして場合によっては、外壁塗装もしてくれるというので、何とも嬉しい限りです。
自衛隊の飛行機が飛ぶと、テレビや電話の音も聞こえなくなりますので、この防音工事をずっと待ち望んでいました。
申請から工事開始までは様々なチェックがあり、時間がかかりました。

マンション販売の営業トーク凄すぎる。

11 8月, 2014 (09:13) | マンション様々 | By: 4SwXlZua

マンション販売の営業トーク凄すぎる。
新築マンション販売の営業さんは、絶対に売り切りを目指しているので、建物が完成するまでに何とか売ろうと必死です。
なぜなら、完成してしまうと、価値が下がるからです。
日にちが経つというのは、魚と一緒で新鮮じゃなきゃ意味ないんです。
内装もデザインがありますよね。
建築も耐えうる日数が決まっている。
だとすれば、早く本当に早くに売り切りたいのです。
どうしてこんなこと、知ってるのかというと。
モデルルームの受付を担当していたからです。
私は、一切営業しないのですが、営業トークは毎日のように聞いていました。
驚いたのが、山が近い物件だったんです。
それで、一度来店されたお客様から電話がかかってきたんです。
どうやら、気候についてみたいでした。
営業さんが裏の事務所の電話口で「え?雪ですか?いえいえ、そんなの降りませんよー!」と力強く発していたのですが、その時、外は少しだけ吹雪いていました。
積もるほどではないにしろ「雪、吹雪いてるよね」と心の中で突っ込んでいました。
後になってクレームは入らないんだろうか、なんて心配してしまいました。